LINK
クレジットカードを店において使う時誰しも経験がおありではないかと察しますが、担当者が不慣れなためどちらのレシートを客の方へ渡して良いのか迷っている時があるはずです。クレジットカードを使用するとレジ端末明細というものが出されるからで、これらのどの1枚を客のもとへ差し出して良いのかわかりにくいということがあります。数枚の紙の正体とは→この3枚1組の使用レシートの意味とは何かをまとめると下記の通り。1利用者へ保管して頂く紙。2店舗で保管する利用明細。3カード会社控え利用レシート(署名を行う明細)。普段は絶対お客さんへ渡す用の紙を渡してくれるのが正しいのですが、稀に、別の使用レシートを利用者のもとへ誤って渡すケースの他署名された側の明細自体を渡してしまうといういう事例さえも見受けられる。このようなパターンはアルバイトスタッフやそれほどクレジットカードというものが利用されないお店の会計でクレジットカードを使用するとこのようなレジ担当者の動揺が見られるでしょう(笑)。万が一従業員が違う利用レシートを提示してきた場面では冷静に「間違ってますよ」などと教育してみてはいかがでしょうか。